コンテンツに行く
:::

歡迎來到嘉義県政府日本語網站

嘉義県政府日本語網站

:::

嘉義県のシンボル


    嘉義県県鳥-サンケイ
    • 三、県鳥:『サンケイ』--由来:1999年嘉義県県鳥選定の催し事の際、当初4種類の鳥種である「サンケイ、ヒゴロモ、Johusten's bush robin」が候補となり、嘉義県の県民の投票により統計されて結果、サンケイが嘉義県の県鳥として県知事が認定するに到りました。
      意味: サンケイは、台湾原産の鳥種で、昔台湾では低海抜地区でごく普通に見かけることができた鳥でした。しかし現在では稀少鳥類に属し、帝雉(Mikapo Pheasent)と同じく国際動物保護連盟のレッド・データ・ブックに載せられ、現在の世界絶滅種の鳥類の一つとされています。通常原始広葉樹の林或いは林のそばに生息し、大抵は、朝夕エサを求める活動をします。
      主に昆虫或いは植物の若芽、漿果、種などを好みます。

     

    :::