コンテンツに行く
:::

歡迎來到嘉義県政府日本語網站

嘉義県政府日本語網站

:::

嘉義県のシンボル


    嘉義県県樹-台湾モクゲンジ
    • 一、県樹:『台湾モクゲンジ』--由来:(ムクロジ科、落葉木本)、2000年嘉義県の県樹選定の催し事の際、当初5種類の木本である「アカギ、紅ヒノキ、フクギ、カエンボク、台湾モクゲンジ」が候補になり、投票によって選ばれることになりました。嘉義県の県民の投票により統計されて結果、台湾モクゲンジが嘉義県の県樹として認定されることになりました。
      意味: 台湾モクゲンジは、台湾原産の樹種で、俗に「苦棟旧」と称されています。この木の特性は、春に若葉が赤くきれいで、夏の終わりに黄色い花を開花させます。花が落ちた後の実は赤く色づき、秋が深まってくると紅葉し始め、街路樹や庭園用に最適の樹種です。

       

    :::