コンテンツに行く
:::

歡迎來到嘉義県政府日本語網站

嘉義県政府日本語網站

:::

宿泊

    雅竹居民宿 Print
    雅竹居民宿
    秋の雅竹居は本来お茶村風情を持つ民宿であるほか、更に山の斜面に赤色で甘い柿をいっぱい持っていて、一粒ごとにおよそ1台の斤の半分の宝に達して甘い柿をあけて、子供に両手でしっかり支えさせて、更にそれの大きくて甘いこと、喉から手が出るほどほしい良い味がはっきりと現れます。このところは全家族が旅行に出ることがで、茶を賞味してと新鮮な果物の良い場所を味わいます。位置して石棹民と宿区を突いて、雅竹は自分の制お茶工場を持ってとお茶の技量を炒めることに位置して、すがすがしい香りのあっさりしている阿里山の石のオールのウーロン茶、お茶菁の香りを炒めて翻って山にあふれることに従って、三合院の前庭の景観の台の前で座って、石のオールの風景を突いて心ゆくまで見て余すところなくて、続けて嘉義、新営の夜の景色に遠くにいて、すべて一望に収めます。   ここの部屋の空間の坪数は大きくて、窓の外に出ると茶畑であり、夕方頃になると、やさしい夕日の短い間に、観光客の思いきり記念撮影をさせて、日の出を見たくて、大凍山まで1時間の道のりに送迎する専用車があります。晩のが泊まって百年の歴史を持つ高いベッドの大部屋があって、新型の暖かい両端の部屋もある、長くなった都市のジャングルを待って、雅竹居が位心のすべてのおろしたのが最も良い発電所になります。
    :::