コンテンツに行く
:::

歡迎來到嘉義県政府日本語網站

嘉義県政府日本語網站

:::

宿泊

    湘泉の人民は泊まります Print
    湘泉の人民は泊まります
    竹崎郷の光華頂笨仔昔からの対外交通は、「古汗道」を利用して一路山に登って、山の中の農作物を海抜の落差約4百メートルの奮起湖まで運んで、そして阿里山登山鉄路を利用して山を下りて仕入れて売ることを輸送します。道路が開通したため、古汗道はすでに元からある機能を失って、しかし取って代わって、ところが人の無限な懐思と尊敬をさせて、今阿里山の国家景色管理処はすでに古汗道を修築して1本の生態の歩の道になって、ホタルの友達を追跡したくて、これが美しくて最も光害のない歩道であることを忘れてはいけません。 古汗道の起点は光華の有名な人民に位置して「湘泉」の家の入り口に泊まることがで、社長の劉孟の穀類の苗の夫婦、客好きな個性、および持って良い料理の劉奥さんがありますと、湘泉にいつも喜び笑う声を満たされて、その上8手のさらさらという水の音と鳥鳴きの虫は鳴いて、変身して古代の仙境になって、いつも人の流れのさざ波を言って帰ることを忘れます。ここはまたとてもあなたの全家族がいっしょに休日を過ごしにくることに適して、観光する果樹園の梅、スモモ、モモ、竹の子は従って季節に若い女性の到来を迎えて、空いっぱいに飛び舞うホタルも夜に山の頂を明るくつけて、夢遊病でふらつく来賓のために道案内をします。 もし天気が暑いならば、オーナーの劉さんは谷川までおりてタニシや川エビを取り、少年時代趣と追憶を覚えさせ、天気が涼しくなると、小さいなしゃぶしゃぶなべを煮て、みんなはレストランの中で茶を賞味しながら世間話をし、再びいっしょに大自然の隣近所(の人)が歌を歌って、少しリラックスの気持ちで休日を過ごす真の意味を味わいます。
    :::