コンテンツに行く
:::

歡迎來到嘉義県政府日本語網站

嘉義県政府日本語網站

:::

宿泊

    明月大船の家 Print
    明月大船の家
    は旧式のおばさんの古くて早い煙突の中から真っ黒で軽いたばこに漂ってきて、あずまやの中のとても長いパールカーテンの風向き次第で軽い揺り動かすことは揺れ動いて、広場の上の簡便なバスケット・コートは日光の活気のリズムに寄りかかっています;人民の宿主人の心をこめて整理する日常生活をする塀で囲った庭付き住宅、この山の最も満足する代表です。百年のから古く改築する明月の大きい船を仮埋葬して、歳月残した痕跡を利用して、再び刻んで近代的な設計を印刷して、古い模様を刻むこと、堅屹と梁柱、人民宿主人のようです良の人に保存する印象の類に泳いで、口数が少なくてそれなのに強靱な原則があります。 人民が泊まることを強調しているのは品質を顧みて、生活を売るので、月曜日~金曜日開放的ではないだ営業の規則、珍しい1つの例で、観光客に思いきり遊ぶことができるため、人民がイベントに泊まって夜間に星を見ることがいる、カエル、森林を探して入浴する、歩の言うガイド、採取して竹の子などを掘る、すべてとても面白い体験です!
    :::