コンテンツに行く
:::

歡迎來到嘉義県政府日本語網站

嘉義県政府日本語網站

:::

イベント

    県定・過溝建徳宮の松明夜間巡回信仰 Print
    歴史沿革: 言い伝えでは、清領時代、かつて過溝と布袋の両村は冤家港(現在の団結橋辺り)にあり、村同士で争いが起き、村人が争いの中で命を落としたそうです。さらに、早期の村には多くの大公堀(共有の養殖池)があり、村人の溺死事件が多々発生したことから、霊魂が勢いを増していきました。そして、村内の信仰の中心である建徳宮の主神李大府様が人に乗り移り、駐屯、夜間巡回によって、過溝村の平穏と村人の安全を維持するよう指示しました。 先人は宗教の信仰の力によって慰霊し、ここから6月末の松明夜巡が生まれました。百年の歲月の洗礼を受け、幽霊退治の話から現在の松明文化へと変化。過溝の人々にとって、松明夜巡は単なる宗教イベントとしてだけでなく、代々受け継がれてきた精神的意義を象徴し、さらに、過溝の人々の地域の団結力を示しています。
    :::