コンテンツに行く
:::

歡迎來到嘉義県政府日本語網站

嘉義県政府日本語網站

:::

グルメ

    玄山の湖の山林のコーヒー Print
    玄山の湖の山林のコーヒー
    湖畔 山林 コーヒーの香 ぶらぶら山林間で歩くと、自然なコーヒーの香に出会いたくことがあるですか?国道台3線338キロの所、海抜の500メートルの玄山湖コーヒーは、曾文ダムの美しい景色に囲まれ、とてもすばらしい位置を高い所から見下ろすことに座って、自分の植えた台湾コーヒー豆を使って、各式の香ばしいコーヒーを入れ、山林コーヒー館はわれわれの夢を実現します。 中埔から台3線に沿って移動して看板に沿って338キロメートルまで歩いて、道の側に険しいあまり重要でない経書を切って入れて、間もなく明らかに白い壁の緑の頂のコーヒーの小屋、前を見て、美しい景色は感心して、目の前に広いのは大埔郷の全景で、曾文のダムの鏡のような湖と青々した山が相映っている景色に遠くを眺めて、米は水墨画の中である山上の雲霧のようです、玄山の湖の山林のコーヒーは半分山の中腹間でこのようにあります。 2004年に開業した玄山湖山林コーヒー館は、敷地3ヘクタールがあり、園内で1800本のコーヒーの木を植えて、コーヒーを採取するから殻に収めて、皮むき、水洗いして、乾かして、殻をとり、あぶって、煮て調子のが一貫して製造して最大の特色になるに向って煮ます。最初女将さんのから台湾東山のコーヒーの品種を導入して大埔郷で植えて、2006年曾文ダムコーヒー観光祭のコンペに参加して受賞しました;ここで栽培されたアラビカ種コーヒー豆中度あぶりを取って、酸味がなく、渋くなくて、小少し苦味がありかえって甘みがし、低カフェインはその特色であるため、曾文ダムの霧気が十分で、あたたかくて湿っぽい気候の中で、無農薬、有機台湾コーヒーがここで誕生しました。 「玄山湖」店名はひとりの深山に隠遁する信徒の法名からとり、店主はその提案に従ってこの山の斜面を買って再び整理して、一家全員が台北から南の大埔まで転居し、そしてコーヒーを栽培することを始め、長年栽培収穫の経験した後、コーヒー間を経営し始めた。過去にバイキング式料理を経営する経験に頼って、更にコーヒー、かすてらの餅の技術を学んで、自分の耕作し植え付けた食材をとって、天然の美しい景色が加わって、玄山湖山林コーヒー館が作り上げました。 看板の飲料と言えば、コーヒーはもちろんのことです。店内でもっとも人気なのはブラックいコーヒーであり、苦味があっても渋くありません、香ばしいのど越しが良くて、喉の間で全体の口の鼻までコーヒーの香気を伝わり、お好みでミルクや砂糖を入れ、やさしい口当りをも加えます。コーヒーを飲まないお客様は、フルーツ茶はおすすめです。金色の色合いのフルーツ茶はりんご、パイナップル、オレンジ、木のブドウ、西インドのサクランボ、キウィなどが7種類以上の果物を調和されたお茶で、味は甘酸っぱくてさわやかで、客に好まれ持ち帰りまで要求されます。 アフタヌーンティーとお菓子の組み合わせは更に工夫をこらして、香の歯ざわりが良くて口に合ったこと歯ざわりが良くて少し小さめな、柔らかくて綿密なワッフルなど多く種類を選べられて、オーナーの巧みな作るもとに、ワッフルの上に生クリーム、チョコレートおよびナッツ類の食材をかけて、アフターヌーンティーにロマンチックな雰囲気にさせます。 アフターヌーンティーを満足させるだけではなく、なべ料理やドリアとグラタンの選択があります。オーナーは、ここの空間はとても自由で、かつてパフェー式の仕立てのをしたことがあって、あるいはキャンプ場に焼き肉の場所を提供して、客がパーティーの考えでさえ提出すれば、彼らのは豊富な経験を持って客の要求に組み合わせて完成することができますと言います。 玄山湖の景色、昼間山林を見て、たそがれ日が沈むことを見て、夜に遠くを眺めることができる大埔郷里のつける星の明かりがあります!食後にいっぱいのコーヒーを飲んで、さらにオーナーにコーヒーの木の生態解説をしてもらうことができて、知性のコーヒーの旅にしましょう。 (取材・原稿/陳允山、陳瑞文)
    :::