コンテンツに行く
:::

歡迎來到嘉義県政府日本語網站

嘉義県政府日本語網站

:::

グルメ

    新港客廳 新港人招待人客的ㄟ好所在 Print
    新港客廳 新港人招待人客的ㄟ好所在
    なつかしい料理を味わう場所 想像しにくいですが、一つのレストランを促したのは地元の人が親切に駆け回って、意外にも1つの理念で形成されたは多くの家庭の就職の機会を提供することができて、新港文化教育基金会が引き続き2001年鉄道公園を完成した後に、2004年に1つのあり得ない任務を完成して、郷役所の協力を得られ、元からある鉄道の駅長の寮を借りて、古臭い耐えられない建物は徹底的に活性化して、一つの古くて早い風情と多元の経営を兼備するレストランを完成して、「新港の客間」と名を付けて、それは新港ではじめて簡単な食事できるレストランであり、その意味は更に新港人のために地方から来る親友に1つの暖かさに心地良いのが食事の空間を使うことを提供します。 レストランの設置の理念は完全に公益を出発点にして、コミュニティにもっと多いサービスを提供することを望んで、委員(会)会の多元の就業する開発の方案に失業する女性に就業するように協力しにくるように働くことに参加する以外、そしてレストランの小さく一部の空間に計画を立てて、新港郷の産業のになってプラットフォームに販売して、酵素のパイナップルの酢、新港のあめを含みます…多種の製品を待って、包装を経た後に、すべてとてもすばらしい連れの贈り物になります。ここで、若くて気前が良い黄淑倩マネージャーの処理する行政の作業の以外、親切なお母さん級が生の達にサービスして挨拶をする暖かい接待の方法に店の経営の1つの最大のセールスポイントなことを聞きます。 レストランに入って、目に入る庭園にある古風で質朴な看板、あの香気は人の匂いのいい花の香りをいぶしてまるで客の衣服の足をひいて、人に感情を抑えきれなくならせるのは石段に従って歩いて広いレストランの中にそれではに入ります。元からある日本式木を保留して白い壁の特色を構成してと、窓の外で調和がとれている日光に相当して自由自在に書くことを通して、勝手に、喜びのに照り映えて食事の休む空間を使って、歩いてここに入って、俗世を遠く離れて騒ぎ立てる繁雑で乱れていて、心もある程度帰属を書くことと。料理の部分がもとは招聘して台北で法式の料理APPLE_の李兆苹さんが責任を負い設計することをして、その後、客を通じて(通って)食事の反応の中ででより多く新鮮な料理の方法を試みて、そして化学調味料を使わないことを堅持する、なべに入れて温め直す油、人工の香料、各式の食事の種類に最も良い性質を持っていさせます。およそしゃぶしゃぶなべの種類の中の養生の新鮮なキノコの鍋、香の濃い牛乳の鍋、或いは中国式で簡単な食事の種類のニンニク板の香はにべ、カツオブタ肉焼き、すべて貪欲な客の確かな良い味を受けるのです。特にカツオのブタ肉焼きはこの簡単な食事を燃やして、大きな塊の新鮮なブタ肉の切り身、その歯ざわりが良くて堅固な肉の質とカツオのたれのすがすがしい香り、揚げ物の自身脂っこさを取り除くだけではなくて、またさわやかなことの、満足させる口当りを保留して、健康な高繊の五穀のご飯と中国式のちょっとした料理をつけて、食品の香りに一回が咀嚼する中で拡散し始めさせて、人に十分に食品のすばらしい味を投じさせて、食事の後でデザートと飲料をつけて、午後の時間に更に満足して心地良いと感じさせます。この静かなのは食事の時間を使って、新しい元素に引き続き参加して、現場の筝楽の琴韻の演奏の方法で、心身を洗うのは疲れて、これに来て、あなたの胃をいっぱい食べさせるだけではなくて、いっぱいになって空虚な心をも埋めます。 これは文化と歴史の包装のレストランの空間を使って、約3年の歳月の洗礼を経て、いっそうの熟している、多元、レストランは陶杯、陶盤を使っての、大部分はすべて基金会の成員達から一心に挟んで作ってくる、すべての器物はすべて自分の独特な姿を持っています。壁の上で古早駅の古い写真を掛けていて、お母さんサービスに引き立って述べて台糖の五分の子の列車の幸せな記憶に搭乗することを生んで、この時ますます時間歩いたことがある痕跡を感じます。歩いて新港の客間に入って、時間も逆にすることができて、まるでドラえもんの時間で機械に乗って、あなたの歳月を漫遊する跡を持ちます。 (取材原稿/王祥穎)
    :::