コンテンツに行く
:::

歡迎來到嘉義県政府日本語網站

嘉義県政府日本語網站

:::

グルメ

    台灣牛の牛雜スープ Print
    台灣牛の牛雜スープ
    牛の頭からウシの尾を食べます すでに10数年の老舗の牛の様々なスープの老舗(台湾の牛)を経営して、本場の現在台湾をぼったくる牛を材料にして、社長の張文昭の一流なのは牛肉の技量を炒めて、美食の専門家がよく来て食欲(欲望)を満たすを除いて、上にたくさんの政治の人物阿里山がまだいる前に、あるいは家に帰る道中、すべて重大ニュースの香はこのご愛顧まで(へ)放棄して、もし観光客達は特別なことを味わって牛肉あるいは牛の様々なスープを炒めるならば、ここですべてけちをつける口を満足させることができます。 牛の頭が牛尾是社長の看板を食べる上からのスローガン、誇張しないだけではなくて更に何分(か)の美食専門家の真に迫る技巧があって、牛舌、口もとの肉、牛肉、牛雑、牛肚、牛の心臓、牛腰子から、ウシの尾の多様な料理の手法に着いて、観光客を食べて譲る大きい姆を立てる褒めると言うことを指します。 オーナーが最も誇りに思う人よりまさっている料理の秘密の技であるほか、さらに新鮮に、現在合格の牛肉の証明書をぼったくって、検証して、店の内でそばの超大型の保存の冷蔵庫、透明なガラスの窓の内で新鮮なことが見られて、保証の健康、味の米。ここに来る専門の人の多いいささかの牛肉のしゃぶしゃぶなべ、あるいは牛肉を炒めて、さらに牛もつスープを加えて、もし人数は少ないならば、70元の牛肉の焼きそばと牛もつスープをプラスすることができて、世の中の最高級品を食べることができます。 特に牛肉是さんを炒めてアサガオナ、タマネギと特別な秘方の炒めたおいしい食べ物を使って、最もご飯のおかずになるので、食通である客達は牛肉の汁を炒めてご飯の上でかけるでしょうることが好きで、簡単なご飯にもこのように口に合って感動させることができて、牛の様々なスープを組み合わせて更に二つとないものになります。 特色メニュー:牛もつスープ、牛肉炒め 交通方法:国道3番第2高速道路中埔インターに降りて阿里山方向へ台18線をつないで、22Kのところ、頂六農民協会の向かいにあります。
    :::