コンテンツに行く
:::

歡迎來到嘉義県政府日本語網站

嘉義県政府日本語網站

:::

グルメ

    雙胞胎小吃(揚げドーナツ) Print
    雙胞胎小吃(揚げドーナツ)
    美味がよい因縁を導く この双子の店は、すでに朴子に30年の歴史がありました。現在の経営者の顧景吉と謝文清の夫妻、2代目の継承者です。2人のもとは台北で仕事を通じて知り合った。またこの小さい屋台が今なお22年の夫婦の縁を結び始めるためです。ロマンチックな外の幸せなおいしい食べ物、この屋台に朴子でみんなが全て知っていさせます。1口食べこんで、膏の口当りはカステラはふっくらしてい例えばまるで、また柔軟な絹織物が親切で味覚芽を抱擁するようで、軽くその後停泊してしかし溶けていくことを飲み込んで、1時(点)の脂っこい食物も残さないで、歯の頬の間で長くただ小麦の香りだけを残します。看板の双子を除いて、しびれるホァジュァンと唐アズキの歯ざわりが良い餅をも売って、すべては手作りの製作です。それ以外に、精進料理を食べる友達も味わいに来ることができます。 価格:(1996年1月)双子、ごま花巻、あずきもち1つ12元 オーナー:顧景吉
    :::