コンテンツに行く
:::

歡迎來到嘉義県政府日本語網站

嘉義県政府日本語網站

:::

観光名所

    曾文寺七寶塔 Print
    曾文寺七寶塔
    民国56年10月、政府は建設に着工する曾文ダムを始めて、本来は大埔郷の精区で、良質な米を生産するとして知られ、ダム用地が徴収した後、地区を埋没(溺れ)させる内にまだ2千7百基の墓があって、家族がいないため、政府機関による経費を補助して、そして協力する地方の住民は寄付に寄付を募って、郷の事務所の左側で曾文寺の7宝塔を建設して、これらを受け入れて、主なし骨のむくろがなくて、協力する故郷の観光する事業の発展、再び修繕して、この塔を宗教観光する地にならせました。
    :::