コンテンツに行く
:::

歡迎來到嘉義県政府日本語網站

嘉義県政府日本語網站

:::

観光名所

    草蘭溪ダムの滝 Print
     草蘭溪ダムの滝
    草蘭渓の水源は嘉義県大埔郷と高雄県三民郷の境に位置する山中にあり、その水は北の曾文ダムへと流れ込みます。水源地は山奥であるため、多くの人はここを知らず、訪ねる人々も多くはありません。したがってここは神秘的な原野として、現在でもなお自然の原型を残す場所となっています。曾文ダムの寿命を延ばすため砂を遮断する堤防が建設され、それが曾文渓から落下する水を上下二段に区切り、高さ数十メートルの高低差が生まれることで、草蘭渓と曾文渓とが合流する場所に壮大な上下二層の人工滝が形成されました。草蘭渓のつり橋から遠く砂堤防を望めば、落下する水流の勢いはいっそう激しく、さらにその先のみごとな渓谷の曲線を目にすれば、自然の神秘を賛嘆せずにはいられません。 草蘭渓の砂防止ダムに落ちる滝は秩序ある美感に溢れた滝であり、野性味に欠けはするものの、その丘陵の中腹にある壮大な山壁に押し寄せるように切り立った岩盤や大規模なスタックのレンダリング、または類似したフレーク状の頁岩、湖表面の緑、滑らかな波。
    :::