コンテンツに行く
:::

歡迎來到嘉義県政府日本語網站

嘉義県政府日本語網站

:::

観光名所

    梅山公園-文学歩道 Print
    梅山公園-文学歩道
    嘉義県の梅山公園に32名の作家の詩が融合し、新しく建設された「現代文学歩道」には、計30の石碑が6haの園内に分布しています。32名のリストには、高一生(白色テロで命を落とした阿里山の郷長)、林懐民(雲門舞集の創設者)、呉念真(著名映画監督)、陳列(聯合報文学大賞の初の受賞者首)、雨弦(前台湾文学館副館長)、渡也(著名詩人)、林央敏(台湾語文学の父、『台文戦線』の創設者)、侯文詠(人気作家)、侯吉諒(詩書画、篆刻の著名人)、凌煙(台湾初の百万小說賞の受賞者)等、多くの文化界の著名人の名が並んでいます。 玉砂利の歩道にそってのんびり歩くと、園内には緑があふれ、心地よい景色が広がっています。至る所に梅の木、桃、スモモ、牡丹、ツツジ、桜、ポインセチア等の花や木が植えられ、年中園内で花が咲き乱れ、色とりどりの景色に心奪われます。特に梅の花の満開の時期、梅亭で梅の花を観賞し、梅の茶を飲めば、まるで詩や絵画のような世界に身を置いているかのようです。
    :::