コンテンツに行く
:::

歡迎來到嘉義県政府日本語網站

嘉義県政府日本語網站

:::

観光名所

    国立中正大学 Print
     国立中正大学
    嘉義県內には多くの高等教育学府が設置され、文教の気息漂い、中正大学は県内高級優良学府の一つです。 大学の敷地は広大で、建物は優美であり、そして、キャンパス内で最も有名な名所は寧静湖、清園である。寧静湖は元キャンパス南の側の深い溝で、沈祖海という建築士がキャンパスのために立てた構想計画によって、この深い溝を切り開いて寧静湖になった。湖上には幅20メートルの高拱橋がまたがって、学校の南北景観軸線の起点となっており、湖を跨ったアーチ橋は交通の連結として使うほか、長虹臥波の景観は当校一大特殊景色になって、湖の周囲地区にはキャンパスでみごとに繁殖したハクチョウとマガモなどの水禽がいる。キャンパスの中央の中央の噴水池もその特色のひとつで、時間を知らせる機能を持つ噴水池であり、一時間毎及び30分ごとに噴き出した綺麗な水の霧は約15分を続き、中央広場噴水池のライト柱のその造型にも特殊な意義があって、12本の柱は1年を代表して、12個の流水の源、噴き出す水は上から下へむざむざ止まらない生命のダイナミックを意味する、中正大学の最も代表性のある精神的標的物である。
    :::