コンテンツに行く
:::

歡迎來到嘉義県政府日本語網站

嘉義県政府日本語網站

:::

観光名所

    大崙社区 Print
    大崙団地は中山高速道路の水上インターチェンジの嘉朴公路(県道168線)の西側に嘉義県政府の方向へ500メートルのところ位置しています。住民たちは彼らの故郷の感情のためにこの愛、団地内のエリートたちが積極的にコミュニティ活動に関与し、共同で高い文化レベルを作成し、地球環境やエコにも高い関心を持ち、美しい地域環境、健康と活力目標として共同に努力しています。 団地環境の特徴である 貯水池が2つあります。それは昔にまだ灌漑施設は完備していなかった時、使っていました。その2つの貯水池の隣の公有地は、2003と2004年に団地のボランティアがデザインして、綺麗な団地苗圃花園と大崙3號エコ公園を自力で建設完了しました。 団地苗圃花園は、団地チームで6回の休日をかけて、100坪以上の花園を完成したのです。相互扶助の精神を発揮して、もともと主婦たちで組織したチームなのに、だんだん広がって、多くのお父さん、旦那さん、子供たちにもこの団地のいろんなところに力を入れて、構築作業に参加していて、非常に成功しています。 大崙3號エコ公園は、休憩空間や環境に優しい舗装の以外に、園内にも生ごみの堆肥タンクを設置し、また家庭式の有機堆肥の製造方法も教えています。休憩や教育を両立している空間を作っていたのです。 また、大崙蔗埕公園も大崙団地に重要な風景の一つです。「蔗埕」はサトウキビの乗換駅の意味です。昔、台糖「五分仔」小火車でサトウキビを製糖工場に送られ、その途中に大崙蔗埕を設立し、重要な役割を果たしていたのです。その後、小火車は止め、管理を欠けて、だんだん荒地になり、団地の汚いポイントになりました。2004年、地域住民の努力をかけて、「大崙蔗埕社區交流中心設立計畫」を文建會新故鄉社區營造計畫の支援を得て、その85万の支援金を使って、新しい五分車プラットフォームを再現し、また生態保持している空間も作り上げました。また、足踏み水車も修復し、台糖から「原料甘蔗車」及「糖蜜車」を買い戻して、歴史を再現したいのです。この緑いっぱい生態系の緑の空間と視覚的嘉義県平野部に1200坪の多様性を持っている公園です。 大崙団地は住民にとっては、大型の自然公園であり、団地チームは 「緑いっぱいの池の前に蝶が踊り、大崙花園は水の故郷である」協力し合い、生態保持、リサイクルの3つの理念を従い、この団地点々を美しくしていきたいと思っています。是非一度、自らこの「緑いっぱいの池の前に蝶が踊っている大崙花園に尋ねてきて下さい!
    :::