コンテンツに行く
:::

歡迎來到嘉義県政府日本語網站

嘉義県政府日本語網站

:::

観光名所

    蕭武龍交趾陶 Print
    蕭武龍交趾陶
    交趾焼の陶器は形作り、絵画、焼陶などの技芸を融合し、台湾の伝統芸能の一つで、最も重要な民俗工芸の一つです。 交趾焼は豊富な造形、豊かなスタイリング、瑰麗な色使い、幸せと喜びの雰囲気で満たされた陶器として広く一般的な建物や寺院の装飾に適用されます。嘉義エリアは、台湾の交趾焼陶器の発祥の地として、日本人は"嘉義焼"と呼ばれていました。蕭武龍氏は1948年に嘉義市で生まれ、1980年にミニチュア彫刻の巨匠樓永譽氏の指導の元に、古く伝えきった伝統芸術を学びました。 1993年に蕭武龍交趾焼工作室を設立され、彼もまた国内有数のミニ彫刻専門家です。第47回全国美術展工藝部門の優秀賞に選ばれて、また第4回民族工芸彫刻部門の三等賞を獲得した、作品は国内外の専門家に認めて好かれています。
    :::